Latest Posts

脱毛と発毛のタイミング

2018.05.14
/ / /
Comments Closed

ウィッグ軽さという点を考えての対応をするのなら、脱毛と発毛のタイミングについて考えないといけません。医療用ウィッグを着用するということは、抗がん剤治療などで脱毛をすることになるはずです。そして、その後に発毛していくのが基本的な流れになります。適切な軽さは当然ながら毛量によって変わっていくもので、ストレスなく付け続けられるかどうかの問題にも繋がっていきます。医療用ウィッグは作りが精巧であるため、付けていても自然な見た目で他人からの目線があまり気になることはありません。そして、サイズ調整ができるという点も市販の既製品との違いになります。脱毛した後には半年程度で発毛するのが一般的で、頭のサイズは2cm程度変化するものです。サイズ調整ができないと隙間ができてしまって、不自然に見えてしまうのが特徴になります。

医療用ウィッグの適時調整が可能である点を踏まえて、その時々で適切な軽さを追求するのが大切です。特に暑い季節の場合は付け心地が重要になり、通気性の良い素材を選択すれば熱や汗をためないようになります。脱毛と発毛のタイミングは人それぞれ異なるものの、おおよその流れは認識できるものです。この点を考えて医療用ウィッグを選択するのも大切です。

人気の医療用ウィッグとは

2018.05.12
/ / /
Comments Closed

ウィッグ一般のウィッグの場合はボリュームが少なくて軽いものが人気となっています。これは自分の髪に付けるものであるからこそ、必要以上に重い仕上がりだと邪魔と思う方が多いからであるといえます。これが医療用ウィッグとなると、自分の髪がない人のためであるからこそ、ボリュームがあって重いタイプが人気となっています。ただ、見た目だけを重視しての選択をしてしまうと後に後悔する可能性もあります。ボリュームが多くなるとどうしても軽さに欠けてしまうため、付け心地という点で不快を得るかもしれません。重さは人工毛が最も軽くて通気性は人毛が一番という点を覚えておくべきです。そして、軽くて通気性が良いのはミックスタイプです。

もちろん、フルオーダーやセミオーダーの場合は自分にピッタリの仕上がりに近くになるものの、価格面がネックになる方もいるでしょう。既製品の場合は高くても5万円程度となるため、比較的リーズナブルです。軽さという点を追求する以上は、フルオーダーやセミオーダーを選択するのが基本中の基本となります。ただ、既製品しか選択できない場合は、より慎重に軽さという点を考えての対応をしないといけません。人気があるからという理由で安易に選択すべきではないです。

試着の重要性について

2018.05.10
/ / /
Comments Closed

試着いざ医療用ウィッグを選択する際には、試着するのがおすすめです。オシャレのために着用するウィッグの場合はある程度はアバウトな選択でも問題ありません。ただ、医療用ウィッグの場合は着用時間は段違いに長く、使い心地という点に注目しての選択が肝心となります。フルオーダーやセミオーダーの場合は自分の求めている作りになるものの、既製品の場合は本当に適しているかは分かりにくいものです。試着の場合は自分に合ったものを選択できて、失敗する可能性は低くなります。付け心地で重要になるのはやはり軽さであって、緩みやきつさやフィット感に関しても同時にチェックすべきです。もちろん、長期に亘って着用してみないと分からないことはたくさんあるものの、事前に試着するかどうかの違いも非常に大きいです。

既製品の場合でもサイズ調整やアフターサービスに対応しているかどうかの違いもあります。治療がスタートすると、毛量が多くなる場合も減ってしまう場合もあります。そのため、長い目で考えて適切な選択になるかどうかも考えないといけません。医療用ウィッグはすぐに使わなくなってしまうものを選択すべきではありません。どういった選択をするにしても、まずは試着して損はありません。

医療用ウィッグの軽さについて

2018.05.08
/ / /
Comments Closed

全てにおいて完璧な医療用ウィッグは存在していません。機能面が優れていると価格はどうしても高くなってしまい、逆もしかりです。となると、考えるべきは何を重視しての選択をするかです。価格や機能性やメンテナンスサービスなどの何を重視しても特に間違いという訳ではありません。ただ、多くの方が見落としがちになっているのは軽さです。医療用ウィッグを実際に着用してみれば、軽さがどれだけ重要であるかは理解できるはずです。

軽さ医療用ウィッグが重いと感じるのは毛量や毛の長さの問題があるからです。頭皮の刺激を減らすためには軽量タイプを選択するのが基本となります。そして、軽さを求めるのなら、人工毛を選択するのも大切です。毛の密度を少なくした場合でも、中地肌が見えることはほとんどなく、自然に軽くて通気性も抜群の医療用ウィッグを選択するのは難しくはありません。軽さに関しては実際に医療用ウィッグを着用してからでないと重要性を理解するのは難しいといえます。ただ、長期に亘って着用していくからこそ、軽さに関しては無視できない点です。

医療用ウィッグ選びのポイントのひとつになるのは軽さであるのは間違いありません。軽さに関してピッタリのものを選択するためには何をすべきかということを頭に入れての対応が必要になります。試着をするのはもちろん、どういった素材のものを選択するかも大切です。必要となる対応を頭に入れておけば何も問題ありません。